記事一覧

【トルコ情勢】シリア越境軍事行動の推移 7

ユーフラテスの盾作戦で初めて死傷者が発生した翌日、トルコ軍によりクルド人民防衛隊の拠点に対して空爆と砲撃による報復攻撃が行われた。

軍の声明によると、攻撃はJarablusで自由シリア軍をサポートするトルコ兵を攻撃したテログループに対して実施された。

攻撃の対象となったのは、クルド労働者党とクルド人民防衛隊。攻撃の結果、「テロリストメンバー」25名が殺害され、Jarablusで彼らの拠点となっていたビル5棟が破壊された。

トルコ軍の声明によると、「現地に居住している市民を危害から守るため、取り得る全ての手段が取られると共に、この問題に対して最大限の関心を示している」。

トルコ政府が公表する声明によれば、今回の作戦の目的は、クルド人武装組織がトルコ国境における支配地を拡大することを阻止することにあるという。

(※今回特筆すべきは、トルコ側が攻撃しているクルド人勢力(人民防衛隊、シリア民主軍)は従来米軍が対「イスラム国」戦略上、支援をしてきた武装勢力であるという点だ。これについて記事では以下のように記述している。(East Media News注))

米国は「イスラム国」と対抗する勢力として、クルド人組織を母体とし、クルド人民防衛隊と同盟関係にあるシリア民主軍(SDF)を支援している。

英国に拠点を置くシリア人権監視所によれば、トルコ軍と自由シリア軍が行ったJarablus南方の二つの村Jub al-Kousaとal-Amarnaを確保する戦闘において、それぞれ20名、15名の市民が殺害され、多数の負傷者を出しているという。

監視所の発表では、トルコ軍戦車の支援を受けた自由シリア軍は、al‐Amarna周辺でシリア民主軍(SDF)と連携する武装組織と夜明けまで戦闘を行った。この戦闘でトルコ軍戦車三台が被害を受けている。

トルコ治安当局筋の発言によれば、Jarablus南方からManbijiに向けて位置するクルド人民防衛隊に対すして空爆と砲撃が行われた。

自由シリア軍と共に行動しているSultan Murad軍のAhmed Osman氏は、「クルド人民防衛隊によって防御が強化されているManbijiに向かって前進している」と発言し、シリア自由軍は数日の内に「イスラム国」を押し出し、Manbijiを確保したいと考えていることを明らかにした。

→ Turkish military strikes YPG in Syria after soldier killed
Hurriyet News 2016.8.28
http://www.hurriyetdailynews.com/turkish-military-strikes-ypg-in-syria-after-soldier-killed.aspx?pageID=238&nID=103296&NewsCatID=352

これまで、トルコ軍側の軍事行動に米軍もある程度協力していることが報じられてきた。

上記の報道に目を通すと、米軍自身が梃入れしてきたシリアのクルド人武装組織に対して、当の米軍が支援するトルコ軍ほかの勢力が砲火を交えている構図が読み取れる。

なんとも皮肉な現象だが、米国の中東戦略の一貫性のなさを示すと共に、そうした矛盾を露呈してまでトルコ側の行動に付き合わなければならない理由が米国にある事を示唆していると思われる。



Sponsored Link









にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Sponsored Link

ブロマガ

紹介文:ホワイトハウスで公開される、トランプ大統領の公式発言について概要を配信致します。

月刊ブロマガ価格 500円

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

eastmedianews

Author:eastmedianews
最新の国際情勢・世界のニュースのまとめ&解説をお届けします。

主な出典

国内:主要メディア各紙(産経、日経、読売、朝日、毎日、など)

アメリカ:CNN、Fox News、Wall Street Journal、New York Times、Newsweek、Washington Post
イギリス:BBC、Times、Independent、
中国:解放軍報、新華社、人民日報
ロシア:PravdaReport、MoscowTimes、Russia Times
イラン:TehranTimes、IranDaily

各国の政府の発表した公開情報

Sponsored Link