記事一覧

【ロシア情勢】ロシアのS300対空ミサイルがイランに到着

8月20日、イラン国防相がロシアよりS300地対空ミサイルを取得した事を発表した。

Hossein Dehqan准将によると、「我々はS300ミサイルシステムの全てを取得中である。主要な部品はイランにして移転されており、残りの部品についても移転の準備が進行している。」

准将はS300の配備予定場所を明らかにしなかったが、「国家の重要な場所に対する脅威に比例して」配備場所が決定されると発言している事から、Tehrantimes紙は原子力発電所への配備が優先されるだろうと推測している。

また、記事はS300地対空ミサイルシステムについて、航空機や弾道ミサイルなどの多目標に150kmの彼方から対処できる事を紹介し、イランの防衛能力を劇的に向上させるであろうと指摘している。

また、記事にはS300の売却に関する約10年越しの経緯について触れられている。

S300の売却は2007時点で決定されていたものの、西洋の圧力により、延期が重なっていた。中でも、2010年には国連安保理の制裁のため、当時のメドベージェフ大統領が契約をキャンセルし、イランが国際司法裁判所にロシアを提訴する事態に陥った。

記事では、そのような事態に陥った背景について、S300が「"将来実施されるかもしれない空爆"から、イランの原子力発電所を守る盾となる」事を恐れたイスラエルとアメリカが、ロシアに対して激しく工作を行ったためであると主張している。

そのような冷え込んだ関係も、2015年11月23日のプーチン-ロウハニ会談を契機に変化が訪れた。

約10年越しで実現したS300の輸出は、両国の溝を埋める努力である事に加え、ロシアが中東での国家関係を強化している事を示している。

「テロとの戦い」の協力を通したロシアとイランの軍事協力は、いま最高潮に達している。

→Tehran to take full delivery of S300 in a month
Tehran times 2016.8.20

イランの核施設に対してイスラエルが空爆を加える可能性については、以前から指摘されていた問題である。

今回のS300売却について、ロシア・イラン両国は、イランへの武器輸出を禁じる国連安保理決議の前に決定している事であるから、何ら問題ないと主張している。

このようにロシアがイランと関係を強化していくと言う流れの中、イスラエルがイランに軍事紛争を仕掛けた場合、結果としてロシアとの戦争にエスカレーションする可能性を考慮しなければならなくなるのだろう。

冷戦期は中東各地にアメリカとソ連がこうした軍事的な関与を張り巡らしていたが、冷戦集結後、ソ連の影響力が消失した。

そのような情勢下、独自の影響力を確保しようとするサダム・フセインがクウェートに侵攻したり、ユーゴスラビアで民族対立が燃え上がって国家分裂に至るなどの事態が多発した。

台湾危機が発生したり、北朝鮮の核ミサイル開発が表面化したのもこうした時期である。

大国が周辺国への関与を縮小すると、そのパワーの真空地帯で内戦や紛争が発生しやすくなるという事例である。

現在では、テロと難民・移民の問題、財政問題に対応できずにいるEU・NATOが存在意義を問われている。

トルコのNATO離脱も囁かれる中、まさにEU・NATOを通したアメリカの影響力の低下が起きている。

ロシアの動きは、こうした欧米の混乱を尻目に、中東の安定を実現する「大国」の復活を印象づけるものである。







にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ








関連記事
スポンサーサイト

Sponsored Link

ブロマガ

紹介文:ホワイトハウスで公開される、トランプ大統領の公式発言について概要を配信致します。

月刊ブロマガ価格 500円

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

eastmedianews

Author:eastmedianews
最新の国際情勢・世界のニュースのまとめ&解説をお届けします。

主な出典

国内:主要メディア各紙(産経、日経、読売、朝日、毎日、など)

アメリカ:CNN、Fox News、Wall Street Journal、New York Times、Newsweek、Washington Post
イギリス:BBC、Times、Independent、
中国:解放軍報、新華社、人民日報
ロシア:PravdaReport、MoscowTimes、Russia Times
イラン:TehranTimes、IranDaily

各国の政府の発表した公開情報

Sponsored Link