記事一覧

【ロシア情勢】ロシア軍機によるイラン基地の利用は国連決議違反か?ロシア側・イラン側の反論について

ロシア軍機がイラン国内の空港を経由してシリアを爆撃した問題について、米国が国連安保理決議違反の疑いがあるとの懸念を表明したが、ロシア・イラン両国から反論があった。

8月17日付のTehran timesは、この問題に関するイランの外交安全保障政策委員長であるAlaeddin Boroujerdi氏の発言を伝えている。

Tehran timesによれば、「ロシア軍機の利用は最高国家安全保障会議の承認と、イラン、ロシア、イラク、シリアの四者協調の枠組みに従ったもの」であり、国連決議違反との疑惑に対しては「イランは燃料供給を行っただけ」であるという。

また、最高国家安全保障会議のAli Shamkhani氏は「イランとロシアはシリアにおけるテロとの戦いに関して戦略的協力をしており、その終結のための施設・能力を共有している。」と言及している。

さらに国民議会議長のAli Larijani氏の発言を伝え、そもそも「イラン憲法の第146条は、国内におけるいかなる外国の軍事施設の設立も禁止じており、イランはそのような施設をいずこの国にも提供していない」こと、また「ロシアとイランの中東における軍事協力は、軍事基地の提供を意味するものではない」ことを明示したうえで、「米国と幾つかの国によって作られたテロリストの危機のために、イランはロシアと協力している」との立場を強調している。 

→ Iran: Russian use of air base authorized by top security body
Tehran times 2016.8.17
http://www.tehrantimes.com/news/405475/Iran-Russian-use-of-air-base-authorized-by-top-security-body

また、Tass通信の伝えるところによれば、ロシアのSeregay Lavrov外務相は「ロシアが国連安保理決議2231に違反しているという疑い」はまったくなく、「決議によれば、調整する必要があるものはイランに対する特定の軍用品(軍用機を含む)の支給、販売、移転」であり、今回の爆撃ミッションはこれに当たらないこと。

また、ミッションに使用されたTu-22M3等の軍用機は「シリアの現政権によるロシアとイランへの対テロ支援の要請に基づき」、「ロシア空軍により運用され」たものであることに言及している。

Lavrov外相は、むしろ先般明らかとなった米国による400億ドル紙幣のイランへの空輸こそ、米国内法に違反しているではないかと反撃している。

→ Lavrov says there's no reason to suspect Russia of violating UN SC resolution on Iran
Tass 2016.8.17
http://tass.ru/en/politics/894693

ロシア、イラン系のメディアの基本的な報道姿勢は、中東に大変な混乱を引き起こしている張本人は米国であり、ロシアやイランはその混乱を抑える立場にあるとの主張にある。

また先般、米国のトランプ大統領候補による「『イスラム国』を作ったのはオバマだ」とする批判が物議を醸した事が記憶に新しい。

「イスラム国」とは、イラク戦争後、行き場を失った旧フセイン政権の要職者とスンニ派の過激派が合流し、シリア内戦が泥沼化する過程で力を蓄えた経緯がある。つまりイラク・シリアにおける米国の中途半端な対外政策が原因となって発生した「産物」といってよい。

つまり、トランプ大統領候補の発言の背景には、2009年の大統領就任以降、ラディンやカダフィなどの殺害作戦を遂行しながら、シリア内戦の泥沼化を傍観して「イスラム国」形成の機会を与えたオバマ大統領の「不作為」に対する皮肉のこもった批判が込められているのである。

他方、ロシア・イランから見れば、イラク統治の不手際でスンニ派―シーア派の宗派間対立に火をつけ、独裁が当たり前だった未成熟な市民社会で「民主化」を強行し、混乱を助長した米国の「思慮の浅さ」に苛立ちを覚えているのだろう。

欧州も中東も、長い歴史で見ればユダヤ教、キリスト教、イスラム教という一神教の姉妹宗教が覇権を争った地域であり、多様な民族による複雑な歴史を辿って今日の問題に至っている。

日本もそのような地域から石油を購入しているのだから、まったくの無関心というわけにはいかないだろう。中国もイランとの関係をさらに深めようとしている。シーレーンの心配ばかりしているうちに、上流から押さえられてしまっては元も子もない。












にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト

Sponsored Link

ブロマガ

紹介文:ホワイトハウスで公開される、トランプ大統領の公式発言について概要を配信致します。

月刊ブロマガ価格 500円

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

eastmedianews

Author:eastmedianews
最新の国際情勢・世界のニュースのまとめ&解説をお届けします。

主な出典

国内:主要メディア各紙(産経、日経、読売、朝日、毎日、など)

アメリカ:CNN、Fox News、Wall Street Journal、New York Times、Newsweek、Washington Post
イギリス:BBC、Times、Independent、
中国:解放軍報、新華社、人民日報
ロシア:PravdaReport、MoscowTimes、Russia Times
イラン:TehranTimes、IranDaily

各国の政府の発表した公開情報

Sponsored Link