記事一覧

【ロシア情勢】ロシア軍、イランから「イスラム国」を爆撃

Pravda紙の伝えるところによると、8月16日、ロシア国防省はイランのハマダーン(Hamedan)空港から長距離爆撃部隊が飛び立ち、シリア領内の「イスラム国」や、アレッポ、デリゾール(Deir ez Zor)、イドリブ(Idlib)に展開するや「ヌスラ戦線」に対して攻撃を加えた事を明らかにした。

爆撃に参加したのはTu-22M3、Su-34※。
※ロシア国防省発表。Pravda紙はSu-24と報道。

爆撃の結果、紛争地域のセラカブ(Serakab)、アル=バーブ(Al-Bab)、アレッポ、デリゾールの大型施設(武器、弾薬、燃料、潤滑油、訓練キャンプ)と、三つの指揮拠点、相当数のテロリスト戦闘員に損害を与えたと発表した。

同じく16日、イラン最高国家安全保障会議書記官のAli Shamkhaniがイラン国営通信によるインタビューで、イラン政府がロシアに対して「イスラム国」掃討のための施設を提供していることを明らかにした。

Pravda紙によると、ハマダーン空港を利用することでTu-22M3は燃料の60%を節約することが可能になる。

→ Russia deploys long-range bombers in Iran, strikes ISIL in Syria
Pravda 2016.8.16
http://www.pravdareport.com/news/world/asia/syria/16-08-2016/135341-russia_bombers_iran-0/

また、Russia Timesによれば、Su-30とSu-35を運用していたシリアのKhmeimim空軍基地の設備では、Tu-22M3を運用することが困難であったが、将来的に同基地でもTu-22M3を運用できるよう、ロシア政府とシリア政府の間で基地の近代化に合意がなされている。

→ Russian Tu-22M3 'Backfire' long-range bombers strike ISIS from Iran's Hamadan airfield (VIDEO)
Russia Times 2016.8.16https://www.rt.com/news/356098-russian-bombers-iran-hamadan/





にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

Sponsored Link

ブロマガ

紹介文:ホワイトハウスで公開される、トランプ大統領の公式発言について概要を配信致します。

月刊ブロマガ価格 500円

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

eastmedianews

Author:eastmedianews
最新の国際情勢・世界のニュースのまとめ&解説をお届けします。

主な出典

国内:主要メディア各紙(産経、日経、読売、朝日、毎日、など)

アメリカ:CNN、Fox News、Wall Street Journal、New York Times、Newsweek、Washington Post
イギリス:BBC、Times、Independent、
中国:解放軍報、新華社、人民日報
ロシア:PravdaReport、MoscowTimes、Russia Times
イラン:TehranTimes、IranDaily

各国の政府の発表した公開情報

Sponsored Link