記事一覧

【韓国情勢】 文大統領が直面する「3つの課題」:新華社

原題:新华社首尔5月10日电 国际观察:韩国新总统面临三大挑战
日付:2017/5/10
媒体:新華社

文在寅大統領の新大統領が直面する「三つの挑戦」について、新華社が記事を掲載した。

概要以下の通り。

-----------------------------------

【勝利の3つの要因】
韓国世論と専門家によれば、文候補の勝利には三つの要因がある。

1.政権交代への強い願望
 朴大統領による機密漏洩が明るみになったのち、野党のリーダー的存在であった文候補への支持率が急騰し、民衆には政権交代への熱望が生まれた。これが最後まで持続したことが勝利の要因である。

2.保守系候補の求心力が弱かった。
 韓国シンクタンクの未来政策センター副主任、張氏によれば、機密情報の漏えい後、韓国保守勢力は有力候補を擁立することができずに内部分裂し、選挙情勢が低迷した。

3.文氏の経験。
文氏は総統選等の経験が豊富であり、政策形成の経験において優位に立っていた。

【執政における三大挑戦】
1.民衆の信任を勝ち取る事。内政干渉問題の最中において、韓国民衆の政府に対する信認は地に落ちた。文氏の当選後、最重要となるのは指導者として、政府としての信用を民衆から獲得する事。
・文氏は選挙期間中、「国家清廉委員会」を設立して腐敗対策を制度として推進するほか、大統領の人事任命における透明性を推進する「人事任命実名制」の実行、大企業改革等の推進を主張している。

2.外交安保政策の見直し
・外交安保分野については、朝鮮半島情勢の緊張は持続し、南北は隔絶し、東北アジア地域の安全と安定は脅かされている。
・文大統領は新外交安保政策について、「責任、協力、平和、民主」の四大原則を提起し、南北関係の改善や、半島の非核化と平和協定への署名を主張し、半島問題におけるイニシアチブを発揮すると共に、可能な限り自主防衛力を構築することを考えている。
・文大統領の外交思想はバランス・ディプロマシーであり、米国との軍事同盟と自由貿易協定の維持を、対米戦略関係における外交の中心軸として主張している。

3.経済と生活の改善。
・経済と生活の問題は新大統領が直面する最大の挑戦であり、その政権の成功・失敗を決定する。韓国国内は物価と失業率の増長が2つの重圧となっており、今年の第一Qには2010年以来最高値を記録している。特に青年の失業問題は重大である。
・経済振興による生活の改善について、文新大統領は青年就業環境を包括的に改善するため、公共部門で81万人の雇用を新たに増やし、創業型国家の建設と所得の向上を果たすという一連の政策を提案している。

【議会との政治闘争】
・また、新政府は国会において複雑な政治闘争に晒される。文氏の所属する「共に民主党」は120議席であり、過半数に達しない。このため、議案を通すためには他の政党と連合する必要がある。自由韓国党の議席は100議席を超えている。

---------------------------------

以上
関連記事
スポンサーサイト

Sponsored Link

ブロマガ

紹介文:ホワイトハウスで公開される、トランプ大統領の公式発言について概要を配信致します。

月刊ブロマガ価格 500円

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

eastmedianews

Author:eastmedianews
最新の国際情勢・世界のニュースのまとめ&解説をお届けします。

主な出典

国内:主要メディア各紙(産経、日経、読売、朝日、毎日、など)

アメリカ:CNN、Fox News、Wall Street Journal、New York Times、Newsweek、Washington Post
イギリス:BBC、Times、Independent、
中国:解放軍報、新華社、人民日報
ロシア:PravdaReport、MoscowTimes、Russia Times
イラン:TehranTimes、IranDaily

各国の政府の発表した公開情報

Sponsored Link