記事一覧

【韓国情勢】 文新大統領就任に対関する、環球時報の社説

朴槿惠前大統領に対する弾劾をきっかけとして挙行された韓国大統領選挙について、環球時報が社説を掲載し、李・朴両政権の外交方針であった米韓関係強化路線の見直しと、盧武鉉元大統領による「太陽政策」路線への回帰を称賛すると共に、THAADミサイル配備廃止について、文新大統領への期待を表明した。

概要以下の通り。

-------------------------
※見出しはEast Media Newsによる

【文大統領の勝利について】
・文在寅新大統領は一人の改革者として、政治腐敗と財閥体制にメスを入れるものと期待されている。
・文大統領は韓米同盟と共に対中関係の発展を主張し、南北関係の緩和を通して北朝鮮の核問題を解決しようとしており、このような外交思想が有権者に歓迎された。

【中韓米関係について】
・韓国は東北アジアとアジア太平洋の込入った政治環境の中にあり、南北関係と大国関係への対処は韓国にとって極めて重要な要素となる。
・韓国は米国のアジア太平洋戦略の最前線として、突出した繁栄を実現してきたが、中国との関係をも緊密にしていく事で、両大国の資源を利用することが可能となる。
・朝鮮半島における軍事的対立は継続しているが、対立をコントロールすることは、韓国に対する軍事衝突を発生させない重要な意義がある。

【盧武鉉路線の継承とTHAADミサイルの配備について】
・盧武鉉政権の「平和繁栄政策」は中断していたが、総合的な緊張緩和のためにも対北政策の新思考が開始される。
・文在寅による盧武鉉的「和平繁栄路線」の継承は有権者の支持を受けた。盧武鉉後の李明博は保守主義に偏向しており、朴政権によって調整が入ったが、180度の変更がすぐに入る事はなかった。
・THAADミサイルの配備を許したことは朴槿惠と韓国保守主義の最大の敗北である。THAADは韓国に実際の安全をもたらすことはなく、東北アジア地域の政治構造における韓国の相対的優位性を傷つけることになり、韓国の長期戦略の利益に全く符合しない。
・今日の世界において国家競争は激烈であり、韓国の保守派は、空虚な幻想を国家を発展させる多くの戦略資源と置き換え、同時に中国との安全上の関係を対立に向かわせたことにより、国家運営を困難とした。
・このような冒険によって獲得できる繁栄はなく、韓国保守は米国に傾倒することのリスクを過小評価し、圧迫によって中国から戦略的譲歩を引き出せると考えるのは幻想である。
・我々は文在寅大統領がTHAAD配備に対して消極的態度を取っていることに注目しており、彼がTHAAD問題を解決する事を希望する。韓国保守派はTHAAD配備を強行して「不可逆的既成事実」化する事を試みているが、韓国の利益のためにも、文大統領が勇気と智慧を発揮し、THAAD問題を処理する事を期待する。
・今日の中韓両国が形成する経済協力規模は、半島と大陸の長い歴史が築き上げたものであるが、昨年以来、韓国のTHAAD配備推進をきっかけに両国の関係は逆転しており、文候補はこれを正しい方向に戻したいと考えている。
・中韓両国には根本的な利害衝突はなく、カギとなる障害を排除することが必要となる。鍵は文新大統領の手の中にあると言える。

原題:社评:希望文总统对改善中韩关系有所作为
日付:2017/5/10
出典:環球時報HP

--------------------------

以上
関連記事
スポンサーサイト

Sponsored Link

ブロマガ

紹介文:ホワイトハウスで公開される、トランプ大統領の公式発言について概要を配信致します。

月刊ブロマガ価格 500円

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

eastmedianews

Author:eastmedianews
最新の国際情勢・世界のニュースのまとめ&解説をお届けします。

主な出典

国内:主要メディア各紙(産経、日経、読売、朝日、毎日、など)

アメリカ:CNN、Fox News、Wall Street Journal、New York Times、Newsweek、Washington Post
イギリス:BBC、Times、Independent、
中国:解放軍報、新華社、人民日報
ロシア:PravdaReport、MoscowTimes、Russia Times
イラン:TehranTimes、IranDaily

各国の政府の発表した公開情報

Sponsored Link