記事一覧

【北朝鮮情勢】北朝鮮国内で拘束された米国市民の情報:サウジ紙

サウジアラビアのニュースサイトSaudi Gazetteが、北朝鮮で拘束中の米国市民について報道した。

詳細以下の通り。

------------------------------

・最近、北朝鮮国内で拘束されたのは、カナダ人牧師のHyeon Soo Lim氏、米国人観光客 Otto Warmbier氏、韓国生まれ米国人のKim Dong Chul氏。

・彼らは2名の米国人大学講師が「よく訓練されたCIAの暗殺要因」だとして逮捕されたのち、拘束された。

・北朝鮮への敵対行為を疑われて9月7日に拘束された米国籍韓国人は、Kim Hak Songと言う人物で平壌科学技術大学の職員だという。

・Kim Hak Song氏が拘束される直前、北朝鮮当局は同じ大学の米国籍Kim Sang Dok職員の拘束を発表している。平壌科学技術大学には、米国人を含む多国籍の外国人が雇用されている。

・彼らが当局が主張するような企図に関わっていたのかどうかは不明だが、4名の米国市民は北朝鮮に拘束されたままでいる。

・観光客のOtto Warmbier氏は国家への敵対行為の容疑で15年の懲役と強制労働を言い渡されているが、その容疑とは滞在先のホテルに掛けられていた、スローガンの書かれた旗を盗もうとしたというもの。

・一方のKim Dong Chul氏はスパイ容疑で10年の懲役と強制労働を言い渡された。

・もう一人、暗殺計画の中心にあった報道されている、北朝鮮国民のKim氏については、北朝鮮の国営放送の発表によれば、彼はシベリアで林業に従事していた際CIAや韓国の国家情報機関によって「思想的に腐敗し、買収され」、国家の最高指導者に対する「嫌悪と報復」の中に転向し、衛星通信を介して米韓情報機関とコミュニケーションをとっていたとされる。

以上

(出典)
原題:N. Korea claims plot reveals US state-sponsored terrorism
日付:2017/5/9
媒体:Saudi Gazette
関連記事
スポンサーサイト

Sponsored Link

ブロマガ

紹介文:ホワイトハウスで公開される、トランプ大統領の公式発言について概要を配信致します。

月刊ブロマガ価格 500円

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

eastmedianews

Author:eastmedianews
最新の国際情勢・世界のニュースのまとめ&解説をお届けします。

主な出典

国内:主要メディア各紙(産経、日経、読売、朝日、毎日、など)

アメリカ:CNN、Fox News、Wall Street Journal、New York Times、Newsweek、Washington Post
イギリス:BBC、Times、Independent、
中国:解放軍報、新華社、人民日報
ロシア:PravdaReport、MoscowTimes、Russia Times
イラン:TehranTimes、IranDaily

各国の政府の発表した公開情報

Sponsored Link