記事一覧

【インド情勢】印露軍事協力は米国の制裁に左右されない


Expert says US sanctions unlikely to affect Russian arms deliveries to India
2017/3/9
http://tass.com/defense/934600

米国の制裁により、ロシア製フリゲートやS400対空ミサイルシステムを輸入しようとしたインドの政策に問題が生じた。インドの Economic Times紙が報じた記事を元に、戦略・技術研究所センターのRuslan Pukhov氏が発言した。

記事によれば、いかなる外国軍需産業も、インドの規制のもとでインドの銀行から購入の対価を受けとるが、米国の制裁はロシアのユナイテッド・シップ・ビルディング・コーポレーションやAlmaz-Antey等の軍事産業との取引からインドの銀行を締め出すこととなった。

Pukhov氏は、「ロシアはインドに原潜を輸出するだけでなく、彼ら自身が原潜を建造できるように支援してきたが、米国は同盟国に対してそのような支援をしていない。」と指摘する。

また、ロシア軍事産業筋の見方によると、インドの首脳は米国のロシア制裁があったからといって、ロシア製兵器の購入を諦めるつもりはなく、既に制裁の影響を克服する、新たな契約を締結している。

ロシアとインドは昨年末より、S400対空ミサイルシステムやプロジェクト11356フリゲートのようなインドの利益となる軍事・技術分野において多数の契約を交わしている。

ロシアとインドの軍事・技術協力は他の分野にも及んでおり、2007年には第5世代戦闘機の開発計画に合意している。インド空軍はこの次世代機を導入するだけでなく、第三国へと供給される事を期待している。

軍事関連の契約の中でも、A-50EI長距離レーダーの売却、T-90戦車のライセンス生産、カモフKa-226T多用途ヘリの生産についても政府間合意が交わされた。








にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事
スポンサーサイト

Sponsored Link

ブロマガ

紹介文:ホワイトハウスで公開される、トランプ大統領の公式発言について概要を配信致します。

月刊ブロマガ価格 500円

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

eastmedianews

Author:eastmedianews
最新の国際情勢・世界のニュースのまとめ&解説をお届けします。

主な出典

国内:主要メディア各紙(産経、日経、読売、朝日、毎日、など)

アメリカ:CNN、Fox News、Wall Street Journal、New York Times、Newsweek、Washington Post
イギリス:BBC、Times、Independent、
中国:解放軍報、新華社、人民日報
ロシア:PravdaReport、MoscowTimes、Russia Times
イラン:TehranTimes、IranDaily

各国の政府の発表した公開情報

Sponsored Link

このページのトップへ