記事一覧

【ロシア情勢】ロシアとの妥協点は未だ見出せていない:ウクライナ政府


Normandy Four Ministers to discuss ways to resolve Ukrainian conflict in Munich
http://tass.com/world/931624

ミュンヘン安全保障会議の席上、ロシア外務省のマリア報道官がノルマンディー・フォーマットの2/18開催について触れた。

ロシア、ドイツ、フランス、ウクライナの首相からなる四者会談は、本年初頭に発生したウクライナ東部、アウディーイウカでの大規模な衝突を受けて会議の開催を検討していた。これについてロシア外相のラブロフ氏は、以前からノルマンディー四者階段についてロシアが協力可能な旨、発言している。

2/7に実施された露独首脳電話会談では、プーチン大統領がOSCE停戦監視団のデータやウクライナ政府の声明を示し、ウクライナ保安部隊が軍事的手段によって停戦ラインを変更しようとしている事を指摘した。

また、メルケル首相も即時停戦を求める意向を明らかとし、四者会談の必要性を認めたほか、ドイツ外相のSigmar Gabriel氏も、会談の準備としてウクライナ、フランス、ロシアの外相をミュンヘンに招いている。

同相報道官は、アウディーイウカで衝突した勢力は近々対話を行い、停戦状態に戻り、重火器も撤去されるとの見方を示した。

ラブロフ外相は、ウクライナ政府とドネツク、ルガンスク両勢力との直接対話なくして交渉の進展はないと指摘している。

これに対し、ウクライナ政府は事態解決の突破口を見いだせると予期しておらず、ロシアとの妥協点を見出すことが交渉の要点だと発言している。

一方のロシア政府は、武力衝突が続く限り、ドンバスでの選挙の実施は難しいと見なしており、ミンスク合意を順守する責任はウクライナ側にあると考えている。

ノルマンディー四者会談は昨年11月29日に実施されて以来、開催を延期されている。





にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事
スポンサーサイト

Sponsored Link

ブロマガ

紹介文:ホワイトハウスで公開される、トランプ大統領の公式発言について概要を配信致します。

月刊ブロマガ価格 500円

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

eastmedianews

Author:eastmedianews
最新の国際情勢・世界のニュースのまとめ&解説をお届けします。

主な出典

国内:主要メディア各紙(産経、日経、読売、朝日、毎日、など)

アメリカ:CNN、Fox News、Wall Street Journal、New York Times、Newsweek、Washington Post
イギリス:BBC、Times、Independent、
中国:解放軍報、新華社、人民日報
ロシア:PravdaReport、MoscowTimes、Russia Times
イラン:TehranTimes、IranDaily

各国の政府の発表した公開情報

Sponsored Link

このページのトップへ