記事一覧

【ロシア情勢】サンクトペテルブルグにてユーラシア経済連合評議会の会合が開催

原題:Meeting of the Supreme Eurasian Economic Council
媒体:ロシア大統領府
日付:2016/12/26

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領、アルメニアのSerzh Sargsyan大統領、カザフスタンのNursultan Nazarbayev大統領、キルギスタンのAlmazbek Atambayev大統領はユーラシア経済最高評議会の当初の二年間の業務を振り返り、統合した組織の将来の発展を審査した。

ユーラシア経済最高評議会議長のTigran Sargsyanもまた、会議に参加した。

会議においては、参加者は幾つもの草案文書を支持した。

プーチン大統領の発言:

「首脳の皆さん、本日の会議の主催者として、ユーラシア経済最高評議会を代表するNazarbayev氏が発言される前に暫しの発言をすることをご容赦下さい。

本題に入る前に、サンクトペテルブルグにお越しいただいた事を歓迎したいと思います。

私達が共に現在まで行ってきた業務を振り返り、ユーラシアの統合にむけた発展の展望を話し合うよい契機である、ユーラシア経済最高評議会は本年2度目の設立記念日を迎えます。

私達は共にユーラシア経済連合を築き上げる努力において、幾つかの重要な成果を達成しています。

私達は、WTOの世界的に認知されている原則に基づくルールで運営される巨大な共同市場を設立しています。

私達は一貫して、モノやサービス、労働や資本の自由な移動に対する障壁を取り除く仕事をしています。

経済連合の設立以来、関税障壁が30%以上減少しました。

本年、医薬品と医療品の共同市場の運営が始まりました。これは社会的に重要な薬剤品の価格を引き下げると共に、品質のより良いモニター、これらの製品の流通、より効果的な偽造品対策を可能とします。

連合は2025年までにガス、石油、石油製品の共同市場の設立についての構想を採択し、電気取引の国際規準と、この地域における資源独占企業のサービスへのアクセスを発展させています。

私達は反独占の規準と規制を発展させており、2025年を目処に共同金融市場を創設することに向けた行動を継続しています。

専門家が承認した段階的自由化に向けた構想の草案は、私たちの国々における与信、金融、通貨、銀行と保険業務の調和について定めています。

私達はユーラシア経済連合の法的基盤の改善に向けても、堅実に行動しています。

多くの仕事は新たな関税規則の準備に置かれている。この規則は世界の経験の中でも最も発展した一連の重要な全ての法的イノベーションを含んでいる。

ユーラシア消費者規則評議会は実体のある新しい力を得ると共に、経済連合の外部に商品の通関手続きを行う際、デジタルテクノロジーの幅広い活用を用意しています。

ユーラシア経済連合の活動における重要な優先項目の一つは、我々の国々の製品と技術的ポテンシャルによって、好感あるビジネスの気候を打ち立てる事です。

私たちは、私たちの国々における企業と共に産業協力の発展について、更に活動的に働き、中小企業を含む製品と技術のチェーンを得る事にもっとエネルギーを注がなければなりません。

近未来における私たちの主要なタスクの一つは、ユーラシア経済連合を通じた共同デジタル空間の発展です。私は最近、この問題についてユーラシア経済評議会議長のTigran Sargsyan氏とモスクワで議論をしました。デジタル経済はこの3年間、特に中国と米国のような国々において巨大な発展のさ中にあることに完全に同意し、もしユーラシア経済連合がグローバル電子取引や分野横断的なデジタルプラットフォームの分野で後れを取るならば、外国市場とユーラシア経済連合内市場における私たちの競争性に影響があります。



細部までは踏み込みませんが、外部との関係について、私たちは興味深く成果のある仕事を潜在的なパートナーとも発展させていると指摘したいと思います。

ご存知のように、私たちは自由貿易の合意をベトナムと交わしました。イスラエル、インド、イラン、シンガポール、エジプトはこのような関係に興味を示しています。私たちは中華人民共和国とも働いています。これらが本日、私たちが議論するであろう内容です。

今一度、サンクトペテルブルグにお越しいただいた事に感謝し、温かくお迎えしたいと思います。

ありがとうございました。」

(以上)



関連記事
【ロシア情勢】サンクトペテルブルグで集団安全保障条約機構(CSTO)の会合を開催
【オピニオン】プーチン大統領来日に寄せて⑥【日露関係の未来について】
【ロシア】経済協力のファイナンスにユーラシア開発銀行等を活用:日露経済協力
【ロシア情勢】北方領土・四島返還の条件-Tass通信にプーチンの「本音」掲載か【解説
【ロシア情勢】ロシア・中国・EUが手を繋ぐ日










にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事
スポンサーサイト

Sponsored Link

ブロマガ

紹介文:ホワイトハウスで公開される、トランプ大統領の公式発言について概要を配信致します。

月刊ブロマガ価格 500円

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

eastmedianews

Author:eastmedianews
最新の国際情勢・世界のニュースのまとめ&解説をお届けします。

主な出典

国内:主要メディア各紙(産経、日経、読売、朝日、毎日、など)

アメリカ:CNN、Fox News、Wall Street Journal、New York Times、Newsweek、Washington Post
イギリス:BBC、Times、Independent、
中国:解放軍報、新華社、人民日報
ロシア:PravdaReport、MoscowTimes、Russia Times
イラン:TehranTimes、IranDaily

各国の政府の発表した公開情報

Sponsored Link

このページのトップへ