記事一覧

【ロシア情勢】サンクトペテルブルグで集団安全保障条約機構(CSTO)の会合を開催

原題:Meeting of the CSTO Collective Security Council
媒体:ロシア大統領府
日付:2016/12/26
(以下、意訳)

サンクトペテルブルグにおいて、集団安全保障条約機構の会合が行われた。
会議の出席者は、ロシアからウラジーミル・プーチン大統領、アルメニアからSerzh Sargasyan大統領、カザフスタンからNursultan Nazarbayev大統領、キルギスタンからAlmazbek Atambayev大統領、
タジキスタンからEmomali Rahmon大統領、そして集団安全保障条約機構のNikolai Bordyuzha事務総長
会議の参加者は集団安全保障条約機構(CSTO)の働きに関する慣例の議題を議論し、地域と国際的問題の鍵となる議題について意見を交換した。

プーチン大統領の発言は以下の通り。
「同僚の皆さん、本日のホストとしてこの会議を開催させて頂きます。

私達はそれぞれの国における安全保障の状況に関する非公式な意見交換を行い、新年の取り組みとして世界の発展を議論し、これら種々の問題について意見を交換することに合意致しました。

私達は主要な利益の問題について絶えず対話を行ってきました。私達は世界の問題が少なくなっているわけではないことを知っています。少なくとも、これは私達に様々な領域での出来事を持続させる機会を与え、私達の国々で生じる脅威への迅速な対応を行わせています。

私達は複雑な関係が世界の多くの地域でどのように存在しているかを知っていますし、問題のある地域と不穏な地域は減少しておらず、我々は過去の紛争を好ましい方向に解決する事ができておりません。

アフガニスタン、中東、シリアや他の紛争地帯は全て懸念の対象であります。本日このような会合の機会とこれら全ての問題を議論することができて、嬉しく思います。
ありがとうございました。」

(以上)





関連記事
【オピニオン】プーチン大統領来日に寄せて④【北方領土・千島列島が守る、ソ連(ロシア)核戦略の「聖域」】
【シリア情勢】トルコ紙が伝えるシリア停戦合意の崩壊・人道支援車両への攻撃
【ロシア情勢】安保協力は日露関係の信頼構築を助ける:プーチン大統領





にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事
スポンサーサイト

Sponsored Link

ブロマガ

紹介文:ホワイトハウスで公開される、トランプ大統領の公式発言について概要を配信致します。

月刊ブロマガ価格 500円

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

eastmedianews

Author:eastmedianews
最新の国際情勢・世界のニュースのまとめ&解説をお届けします。

主な出典

国内:主要メディア各紙(産経、日経、読売、朝日、毎日、など)

アメリカ:CNN、Fox News、Wall Street Journal、New York Times、Newsweek、Washington Post
イギリス:BBC、Times、Independent、
中国:解放軍報、新華社、人民日報
ロシア:PravdaReport、MoscowTimes、Russia Times
イラン:TehranTimes、IranDaily

各国の政府の発表した公開情報

Sponsored Link

このページのトップへ