記事一覧

【ロシア情勢】フランシスコ法王がウクライナで人道支援を実施

原題:Pope Francis to send €6mn of aid to eastern Ukraine on Christmas Day
媒体:Russian Times
日付:2016/12/24
https://www.rt.com/news/371592-pope-million-aid-ukraine/

(以下、意訳)

フランシスコ法王はウクライナ東部で苦しむ人々に対し、600万ユーロの援助を提供した。教皇慈善事務所の声明によると、春から数えて合計1200万ユーロとなる。

教皇会議のプレスリリース「Cor Unum(一つの心で)」によれば、この支援はDonetskやLugansk、Zaporozhye、Kharkov、Dnepropetrovskの人々に対して届けられるようにあてがわれ、「宗教や信仰、民俗的背景への差別なしに」分配される。

基金は春に行われたフランシスコ法王の個人的な呼びかけにより、欧州中のカトリック教会を通じて集められた。

教皇はKharkov-Zaporozhye地区のJan Sobilo副司教と、ウクライナのローマ教皇使節、Claudio Gugerotti大司教による「in loco(あるべき場所に)」委員会を設立した。

この委員会は2万ユーロの資金による39の「独立した」プログラムと、25万ユーロ(26.1万ドル)の受け皿となる20の大規模支援プロジェクトを選択した。

このプロジェクトは食糧、住居、医薬品と健康医療を含んでいる。

600万ユーロはこの春から積み重ねられている、合計1200万ユーロの半分でしかない。と声明は締めくくった。

モスクワの家父長制の下でのウクライナ正教会は教皇の行動を賞賛した。「素晴らしい!私は真心をこめてこのイニシアチブを歓迎する。これらの人々は今すぐに、真に支援を必要としているため、これは誠に重要な必須の使命である。」

「このため、神はこれらの高貴な行いに参加した人々に健康をお許し下さる。」

世界保険機構(WHO)は、230万人の人々が切迫した緊急医療サービスを必要としており、ウクライナにおける最大の人道支援の必要性とは、重要な人命救助サービスと医薬品であると言う。

(以上)


関連記事
【ロシア正教】ヒラリオン府主教とフランシス法王が会談
【ロシア情勢】ウクライナ問題としてのロシア「伝道規制法」【解説】
【ロシア情勢】「心の幸福」に重点を置くロシア下院議長:トルストイ氏
【ロシア情勢】ロシアはキリスト教の守護者となる:ラブロフ外相





にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事
スポンサーサイト

Sponsored Link

ブロマガ

紹介文:ホワイトハウスで公開される、トランプ大統領の公式発言について概要を配信致します。

月刊ブロマガ価格 500円

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

eastmedianews

Author:eastmedianews
最新の国際情勢・世界のニュースのまとめ&解説をお届けします。

主な出典

国内:主要メディア各紙(産経、日経、読売、朝日、毎日、など)

アメリカ:CNN、Fox News、Wall Street Journal、New York Times、Newsweek、Washington Post
イギリス:BBC、Times、Independent、
中国:解放軍報、新華社、人民日報
ロシア:PravdaReport、MoscowTimes、Russia Times
イラン:TehranTimes、IranDaily

各国の政府の発表した公開情報

Sponsored Link

このページのトップへ