記事一覧

【米国時事】国家情報局長官が辞意を表明

原題:National intelligence director to resign before Trump takes office
媒体:defence news
日付:2016/11/17
By: Deb Riechmann, The Associated Press

(以下、意訳)

米国家情報局長官が正式に辞任を表明した。

James Clapper氏は長らく、オバマ政権の退陣と共に引退することを計画していた。17日には、前日の夕方に辞表を提出したことを明かした。

情報局のメンバーは、あと4年間は留まることになるんじゃないかと冗談混じりの問いかけをすると、本人は妻が許さないよと返答している。

Clapper氏は2010年の夏から現職に就いている。前職は空軍中将として国防情報局(DIA)で働いていた。

Clapper氏はオバマ政権の告発以降、大統領選を妨害しようとするロシアの選挙関連のサイバー活動攻撃は減少したが、ロシアによる情報戦争は未だに続いていると発言した。

選挙戦の最中、ハッキングを受けた民主党のEメールがウィキリークスによって公開され、ヒラリーの選挙戦に関するやっかいな詳細が明らかとなった。

情報局長官と国家安全保障省は10月、ハッキング行為による「範囲と感度」が問題であり、唯一ロシアの政府関係者のみがこれを行う事ができると発言した。ロシア政府は関与を否定している。

Clapper氏は下院情報委員会において15日、ロシアは恐らく情報戦争の指揮を継続するだろうと発言している。

ウィキリークスがどのようにして電子メールの情報を得たのかについて、情報機関はよく洞察できていないと言う。

(以上)










にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事
スポンサーサイト

Sponsored Link

ブロマガ

紹介文:ホワイトハウスで公開される、トランプ大統領の公式発言について概要を配信致します。

月刊ブロマガ価格 500円

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

eastmedianews

Author:eastmedianews
最新の国際情勢・世界のニュースのまとめ&解説をお届けします。

主な出典

国内:主要メディア各紙(産経、日経、読売、朝日、毎日、など)

アメリカ:CNN、Fox News、Wall Street Journal、New York Times、Newsweek、Washington Post
イギリス:BBC、Times、Independent、
中国:解放軍報、新華社、人民日報
ロシア:PravdaReport、MoscowTimes、Russia Times
イラン:TehranTimes、IranDaily

各国の政府の発表した公開情報

Sponsored Link

このページのトップへ