記事一覧

【シリア情勢】シーア派組織によるモスル解放は新たな火種を生む:トルコ首相

シリア北部の「イスラム国」とクルド人勢力を攻撃する「ユーフラテスの盾」作戦の影響で、トルコ国内でもテロが相次いでいる。

トルコの指導者層はそれでもなおクルド人勢力の一掃に対して自信を見せているほか、イラクでの米国主導の作戦にも宗派間対立をあおる危険性を指摘している。

(以下、East Media Newsによる意訳)

原題:Turkey can push PYD east of Euphrates, Turkish PM says
媒体:Hurriyet
日付:2016.10.4
種類:報道記事/要人発言(Yıldırım首相)

トルコのBinali Yıldırım首相の声明によれば、クルド人民防衛隊がユーフラテス川東部への完全な撤退要求を拒否し続けるのであれば、トルコは彼ら北方シリアから一掃する能力を有している。

また、10月4日に行われた公正発展党(AKP)議員グループの会合においては、「我々は必要な時にはいつでも、自由シリア軍、「イスラム国」に抑圧されたJarablus周辺地域の人々と共に、クルド民主連合党、クルド人民防衛隊を追放するだろう。」と発言した。

Yıldırım首相は、トルコで違法とされるクルド労働者党とのかかわりを持つ人民防衛隊について、米国との約束にも関わらず、「イスラム国」が一掃されたManbiji地方から徹底をしていないと発言した。

首相は、ユーフラテスの盾作戦はEl-Bab周辺の5000平方㎞のエリアと、El-Bab北方の安全が保障されるまで継続されるだろうとの見通しを明らかにした。

また、Yıldırım首相はイラクにおいて「イスラム国」からMosul奪還を目指す攻勢の計画について「危険」であり、もしMosul周辺のスンニ派が多数を占める地域がシーア派武装組織の支配下に置かれるならば、シーア派とスンニ派の宗派間の緊張が火花を散らしかねないと警告し、「Mosulでの作戦に向けた我々のパートナーの計画は不透明である」と指摘した。

また、「Mosulをクルド人組織を含むシーア派武装組織に手渡す事は、地域の新たな火種を掻き立てる事になるだろう」とも付け加えた。

(以上)









Sponsored Link









にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Sponsored Link

ブロマガ

紹介文:ホワイトハウスで公開される、トランプ大統領の公式発言について概要を配信致します。

月刊ブロマガ価格 500円

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カテゴリ

最新記事

プロフィール

eastmedianews

Author:eastmedianews
最新の国際情勢・世界のニュースのまとめ&解説をお届けします。

主な出典

国内:主要メディア各紙(産経、日経、読売、朝日、毎日、など)

アメリカ:CNN、Fox News、Wall Street Journal、New York Times、Newsweek、Washington Post
イギリス:BBC、Times、Independent、
中国:解放軍報、新華社、人民日報
ロシア:PravdaReport、MoscowTimes、Russia Times
イラン:TehranTimes、IranDaily

各国の政府の発表した公開情報

月別アーカイブ

Sponsored Link

このページのトップへ