記事一覧

【解放軍報】南シナ海での日米共同訓練への反発か―中国空軍の宮古海峡突破

9月25日、中国空軍40機あまりの編隊が宮古海峡から第一列島線を突破し、西太平洋で演習を行ったことが報じられた。

本演習の目的について、いくつかの記事を比較してみたい。

まず演習の内容について解放軍報の記事を参照すると、H-6K爆撃機やSU-30戦闘機、空中給油機など他機種に及ぶ空軍機により、「偵察と警戒、海上パトロール、空中給油等の訓練が行われ、空軍部隊の遠海実戦能力が検査され、規定の訓練目的を達成した。」と報じている。

中国空軍は9月12日にもバシー海峡を経由して「遠海実戦能力」の検査を行った際、「西太平洋での空軍の訓練を常態化」させると発表していた。

<参考記事>
【解放軍報】中国空軍が第一列島線を超えた訓練を常態化

今回の宮古海峡を経由しての遠海訓練について、解放軍報は2013年に中国が東シナ海に一方的に設定した防空識別圏に関する「中華人民共和国東海防空識別区航空器識別規則公告※」(2013年11月23日発布)を引き合いに出し、東シナ海の実行支配を誇示している。

(※防空識別圏の通過には中国の政府か民間航空に飛行計画を事前に通告しなければならず、これに従わない違法な措置には、無線照会・レーダー照会などの段階を経て警告を行い、最終的には武力行使を取る旨、記載されている。)

<参照>
原題:空军多型战机成体系飞越宫古海峡
   “空军发布”微博责任编辑:乔梦
媒体:解放軍報
日付:2016年9月26日付1面 HP掲載:25日 16時18分
種類:報道記事
http://www.81.cn/jmywyl/2016-09/25/content_7275497.htm

<防衛省発表は下記>
主題:中国機の東シナ海における飛行について
媒体:防衛省 
日付:2016.9.25
種類:統合幕僚監部 報道発表資料
http://www.mod.go.jp/js/Press/press2016/press_pdf/p20160925_01.pdf

ここで東シナ海の「防空識別圏」を引き合いに題している背景について指摘しているのが、AFP通信の記事である。本記事はThe Time of India紙(インド)、Manila Bulletin紙(フィリピン)などが掲載している。

すなわち、9月16日に稲田朋美防衛省がワシントンのシンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」において南シナ海での日米共同巡航訓練などの実施を宣言したことに対する反発として、今回の訓練を実施したと報じている。

<参照>
原題:China flies army planes over strait near Japan
媒体:AFP
日付:2016.9.26
種類:報道記事

<稲田大臣の発言については>
原題:日本、南シナ海で米海軍と共同巡航訓練へ
媒体:CNN.co.jp
日付:2016.09.16 
種類:報道記事/要人発言(稲田防衛相)
http://www.cnn.co.jp/world/35089222.html

確かに、中国はかねてより南シナ海問題への日本の介入を嫌悪していることから、その意趣返しとして東シナ海防空識別圏の存在を誇示する内容の記事としたという見方には説得力がある。

ちなみに、CNNの記事では、紛争地帯(尖閣諸島の事)近くでの軍用機の通過について報じ、日中それぞれの反応を報じるのみで、こうした見方は提示されていない。

<参照>
原題:East China Sea: Japan scrambles jets as China flies fleet near disputed islands
媒体:CNN
日付2016.9.26
種類:報道記事/Katie Hunt /Yoko Wakatsuki
http://edition.cnn.com/2016/09/26/asia/japan-china-jet-scrambled/

中国空軍側が西太平洋での訓練について「常態化させる」と言っているのだから、今後似たような訓練が続々と行われるのだろう。

中国側の「年間計画に書いてあるから」と言う理由だけで、このような訓練を一方的に放置してよいはずがない。稲田防衛省が公表した南シナ海での米軍との共同巡航訓練は良いカウンターになると思われるし、このような訓練を東シナ海でも実施できるとよいのだろう。

ウルトラCとしては、ロシアとも何らかの安保分野における協力を実現することだ。まったくの空想に過ぎないが、樺太(サハリン)あたりで合同上陸演習など実現すれば、北朝鮮も震え上がる事になるだろう。







Sponsored Link









にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Sponsored Link

ブロマガ

紹介文:ホワイトハウスで公開される、トランプ大統領の公式発言について概要を配信致します。

月刊ブロマガ価格 500円

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

eastmedianews

Author:eastmedianews
最新の国際情勢・世界のニュースのまとめ&解説をお届けします。

主な出典

国内:主要メディア各紙(産経、日経、読売、朝日、毎日、など)

アメリカ:CNN、Fox News、Wall Street Journal、New York Times、Newsweek、Washington Post
イギリス:BBC、Times、Independent、
中国:解放軍報、新華社、人民日報
ロシア:PravdaReport、MoscowTimes、Russia Times
イラン:TehranTimes、IranDaily

各国の政府の発表した公開情報

Sponsored Link