記事一覧

【ロシア情勢】ロシアの武器輸出総額が新記録を達成する見込み

(East Media Newsコメント)
Pravdaの報道によると、ロシアの年間武器輸出総額が昨年を超える160億ドルとなり、過去最高となる見通し。武器輸出の推進には、ソ連崩壊以降下降したロシアの科学技術を米国並みに追い上げるというプーチン大統領の強い意向が働いていることをが報じられている。

研究の成果は、特にサーモバリック兵器(燃料気化爆弾)やレーザー兵器や電磁兵器などにおいて、その成果が出ていると言う。

一国が開発に力を入れる兵器は、その国の軍事戦略の反映でもある。レーザー兵器をテロ掃討に使用するわけでもないだろう。記事にある通り、米国との覇権競争を念頭に置いた兵器開発であるように感じられる。

(以下、East Media Newsによる記事の意訳)

主題:ロシアの武器輸出総額が新記録を達成する見込み
原題:Russian weapons’ export breaks the record
媒体:Pravda
日付:2016.9.15
種類:報道記事
http://www.pravdareport.com/news/russia/economics/15-09-2016/135627-military-0/

ロシアの2016年1月~8月間の武器輸出額は80億ドルに上ることが分かった。
ロシアの軍事及び技術協力に関する連邦サービス(the Federal Service on Military and Technical Cooperation)副代表のAnatoliy Pinchukが、アフリカにおけるエアロスペース&ディフェンス見本市で発言した。

Pinchuk氏によると、供給量の上昇によって、ロシアの武器輸出総額は年末までに二倍になる見通しであり、「年間のセールスについては、年初はこれより少ないものでしたが、次第に勢いがつき、年末には計画した量に達するでしょう。」との事である。

また、近年のロシア製兵器に対する注文総額は500億ドルに達しており、Pinchuk氏は「最大限の努力により、大統領のプランが準備されるだろう」と発言している。なお、プーチン大統領は2015年度の武器輸出総額が145億ドルであったことを公表している。

軍事ジャーナリストのJacques BordeはPravdaの取材に対して、アメリカを凌ぐロシアの最新兵器(レーザーから電磁兵器まで)事情について語っている。Borde氏はロシアが世界の兵器リストの最先端に堅固に位置していると確信している。

Borde氏によれば、ロシアはペレストロイカと技術的凋落によって米国に大きく引き離されたが、プーチン大統領の登場によって、ロシアは新兵器の発展と開発において米国に追いつき、基礎研究については追い越しさえするための着実な努力を行ってきている。

特にサーモバリック(高衝撃熱圧力)兵器、レーザー兵器と言った防衛的兵器に関して顕著である。

(以上)









Sponsored Link









にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Sponsored Link

ブロマガ

紹介文:ホワイトハウスで公開される、トランプ大統領の公式発言について概要を配信致します。

月刊ブロマガ価格 500円

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

eastmedianews

Author:eastmedianews
最新の国際情勢・世界のニュースのまとめ&解説をお届けします。

主な出典

国内:主要メディア各紙(産経、日経、読売、朝日、毎日、など)

アメリカ:CNN、Fox News、Wall Street Journal、New York Times、Newsweek、Washington Post
イギリス:BBC、Times、Independent、
中国:解放軍報、新華社、人民日報
ロシア:PravdaReport、MoscowTimes、Russia Times
イラン:TehranTimes、IranDaily

各国の政府の発表した公開情報

Sponsored Link