記事一覧

【解放軍報】中露合同「海上連合-2016」演習の内幕 ①

9月12日から中露行動海上演習「海上連合-2016」が開始されている。

解放軍報で連日紙幅を割いて特集が組まれているので、重要と思われる部分を抜粋して共有する。

【演習のポイントと参加兵力】
(以下、East Media Newsによる意訳・抜粋)

今回の演習は、訓練内容の実戦化、指揮共同情報化、組織の規範化の実施といった三つのポイントがある。

9月12日、中露海軍合同演習「海上連合―2016」に参加するため、アドミラル・トリブチ駆逐艦をはじめとするロシア海軍艦艇が中国の湛江に在する某軍港に集結した。

今回の演習は、中国海軍からはミサイル駆逐艦広州・鄭州・ミサイル護衛艦黄山・三亜・大慶、ドック型揚陸艦崑崙山・雲霧山・潜水艦2隻、新型島嶼補給艦軍山湖の10隻の主力艦艇と、殲—11B戦闘機・殲轟7戦闘爆撃機・早期警戒機・多数の艦載ヘリなど19機の航空兵力、海軍陸戦隊が南海艦隊・東海艦隊・北海艦隊より参加している。

ロシア海軍からは、アドミラル・トリブチ駆逐艦、アドミラル・ヴィノグラドフ駆逐艦、ペレスヴェート揚陸艦のほか、タグボートのアラタウ、給油間のペチェンガ、2機の艦載ヘリ、海軍陸戦隊と上陸装備が参加している。

海軍スポークスマンの梁陽介によると、今回の演習はこれまでの中露海上連合演習の中でも、最高レベルの実戦化・情報化・規範化が行われる。

訓練内容の実戦化とは、外国海軍との連合演習において、はじめて演習の全体を通じた「背中合わせ」方式(お互いがどのような行動に出るか予め知らされない、実戦に近い方法)が実施される。

指揮共同情報化とは、今回初めて中露海上連合専用の指揮情報系統が使用される。各レベルの指揮所から作戦単位まで、指揮パネル上に動きが情報が共有される。この指揮パネルをもって、基本的に「無声指揮」が行われる。

組織の規範化の実施とは、これまでの合同演習を通じて、演習における規範文書と指揮のスタイルを整えている。これを深化・発展させ、連合演習における組織と指揮を優れたものしていく。

「海上連合―2016」軍事演習は12日から19日まで広東省湛江よりも東の海空域で実施される。主要な訓練科目は連合防空、連合反潜、連合海空捜索攻撃、連合海空立体島嶼奪取、海上・沿岸・港湾での連合臨検などとなっている。

(以上)
原題:中俄“海上联合-2016”演习双方兵力集结完毕
媒体:解放軍報
日付:9月13日
種類:報道記事


【これまでの経緯と演習の目的】
(以下、East Media Newsによる意訳・抜粋)

「海上連合-2016」を指揮するのは、中国海軍副司令員の王海中将と、ロシア海軍副司令官のフェドチェンコ中将。

到着したロシア海軍に対して、演習導演部、指揮部の人員と海軍官兵代表が歓迎した。

2016年は中露善隣友好協力条約の署名から15年目にあたり、中露戦略協力パートナーシップ関係の構築から20年となる。両国は交流と協力を深める中で5年にわたり6回の「海上連合」合同演習を実施しているほか、中国はロシアが主催する「国際軍事競技」に二年連続して参加している。

今回の演習は、「訓練内容の実戦化、指揮共同情報化、組織の規範化の実施」の3点のポイントをを通して、「安全威嚇への共同対応能力」を高める事を目的としている。

(以上)
原題:“海上联合-2016”俄方参演舰艇抵达湛江
媒体:解放軍報
日付:9月13日
種類:報道記事



【変化してきた演習テーマ】
(以下、East Media Newsによる意訳・抜粋)

中国とロシアは、アジア太平洋地区の大国として、地域の平和と安定と発展を維持するという共同の利益と願望、そして責任を持っている。2012年に開始された演習のテーマも、今では「遠海航行安全の維持」「連合交通保護と連合上陸行動」「海上連合防衛行動」となっている。

(以上)
原題:中俄全面战略协作的生动体现
媒体:解放軍報
日付:9月13日
種類:報道記事



あまり国内のニュースでは触れられていないが、中露海空軍による「島嶼奪取」も演習科目に入っているほか、「遠海航行安全の維持」が演習テーマとなっている点、興味深い。

これによって、南シナ海で島嶼を巡る衝突が起きた際、ロシアは中国側に立って島嶼奪還作戦を行うぞというプレッシャーとなるほか、ロシア海軍が中国海軍と共に西太平洋にまで出てくるとなれば、米軍も穏やかではいられないだろう。

国内紙は安倍-プーチン関係が上手くいっていることをアピールしているが、尖閣諸島や日中中間線・ガス田問題に関して、ロシアは日中両国に対してどのような立ち位置を選択するのだろうか。

経済支援だけでロシアが日本側に肩入れしてくれるとは言えそうもない。







Sponsored Link









にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Sponsored Link

ブロマガ

紹介文:ホワイトハウスで公開される、トランプ大統領の公式発言について概要を配信致します。

月刊ブロマガ価格 500円

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

eastmedianews

Author:eastmedianews
最新の国際情勢・世界のニュースのまとめ&解説をお届けします。

主な出典

国内:主要メディア各紙(産経、日経、読売、朝日、毎日、など)

アメリカ:CNN、Fox News、Wall Street Journal、New York Times、Newsweek、Washington Post
イギリス:BBC、Times、Independent、
中国:解放軍報、新華社、人民日報
ロシア:PravdaReport、MoscowTimes、Russia Times
イラン:TehranTimes、IranDaily

各国の政府の発表した公開情報

Sponsored Link